トップページ > 設備紹介

設備紹介

Pocket
LINEで送る

事故・飛び出し防止の為、ワンちゃんはリードまたはキャリー
ネコちゃんはキャリーでの来院をお願い致します。

CBC・ドライケム

左:血球計算機 右:生化学検査機
話すことのできない動物のために血球の数、貧血の状態、内臓機能などの体の変化をスピーディーに検査します。
動物は人の何倍も早く歳をとりますので早期発見のためにも定期検査をオススメしております。

COAG

当院では凝固能の異常が疑われる場合をはじめ、開腹・歯石除去などの手術の際にも血液凝固検査を行っております。
きちんと止血ができるか確認した上で処置に臨みます。

X-Ray

撮影したレントゲンをより分かりやすくご覧いただけるようデジタルX線画像診断システムを取り入れております。
細部まで見やすく、コントラストをつけると様々な発見にもつながります。

モニター

手術時には安全な処置を行うためモニターを装着し、常に心拍・血圧・末梢酸素濃度などのバイタルサインを監視しております。
午前と午後の診察の間に手術時間を設けております。

Echo

Echo

検査時には痛み・音に対する不快感を伴わず、麻酔の必要もありません。
体への負担がとても少ない検査機器です。

内視鏡

体への負担を考慮し、直径わずか5.9mmのスコープを使用しております。
小型犬でも検査時の負担をより軽減できます。

スケーラー・Newマイクロエンジン

スケーラー・マイクロエンジン

器具で歯石をとるだけでは歯の表面がデコボコでさらに歯石がつきやすくなってしまいます。
そのため当院では専用の機械を使って表面を磨き、滑らかに仕上げる作業も行っております。

ICU

術後や呼吸が苦しい、体温調節が難しい場合に温度・湿度・酸素濃度を動物にとって最良な環境に保ちます。
動物の変化に一早く気づくよう、院内の目の届きやすい所に位置しています。

犬舎・猫舎

当院の犬舎・猫舎は明るい光が差し込み、一年を通して空調管理を行っていますので快適にお過ごし頂けます。
運動制限のあるワンちゃんには排泄・気分転換のためのスペースを設けています。

ページのTOPへ

お問い合わせ