トップページ > スタッフブログ > 有毒な植物たち

有毒な植物たち

Pocket
LINEで送る

 

みなさんこんにちは!

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

前回のブログ更新から大分経ってしまいましたね…

サボり気味ですみません…

 

最近は晴れの日が多いので、一緒に野山にお出掛けをしたり、お庭で遊ばせたりすることも少なくないと思います。

気分転換にもなりますし、とても楽しいですよね♪

楽しすぎてお花や草を食べてしまう子もいたり…

でも、その植物口にしても大丈夫でしょうか??食べた後、調子悪くなってないですか??

 

さて、今回はワンちゃん、ネコちゃんにとって有毒な植物を紹介していきます。

!危険度が高いもの!

◎ユリ科全般特にネコちゃんには非常に有毒

嘔吐、食欲不振、無気力、腎不全、死亡の可能性

※植物そのものを口にしなくてもユリを活けた水、花粉も有毒です。

 

◎クリスマスローズ

腹痛、胃炎、嘔吐、下痢、不整脈、心臓麻痺、痙攣、死亡の可能性

 

◎シクラメン

嘔吐、胃腸炎、死亡の可能性

 

◎チョウセンアサガオ(特に種が有毒)

嘔吐、下痢、瞳孔散大、死亡の可能性

 

◎ヒガンバナ

嘔吐、下痢、腹痛、死亡の可能性

※接触だけでも皮膚がかぶれるおそれがあります。

 

◎スズラン

嘔吐、下痢、腹痛、不整脈、心不全、死亡の可能性

 

◎チューリップ、スイセンの球根

嘔吐、食欲不振、痙攣、心不全、死亡の可能性

 

◎アジサイ

嘔吐、呼吸困難、痙攣、死亡の可能性

 

これらの植物はとても身近で馴染みのあるものですが、ワンちゃん・ネコちゃんが口にすると毒になるので、お庭に出す際や、お散歩に行くときは十分注意してくださいね!

(※紹介した植物はごく一部ですので他にも有毒な植物があります)

そして、もしも口にしてしまったときにはすぐに来院してください。

 

 

 

 

ご注意

ページのTOPへ

お問い合わせ