トップページ > スタッフブログ > ワクチン接種2

ワクチン接種2

Pocket
LINEで送る

 

みなさん、こんにちは!

雪もどんどん解けて、春の訪れが楽しみですね

 

今日はワクチンのネコちゃん編です('')ノ

 

1、猫ウイルス性鼻気管炎

  咳・くしゃみ・発熱・鼻水など風邪の症状が続いたり

  目ヤニが多くなり角膜炎や結膜炎を引き起こします。

  感染力が強く、他のウイルスとの混合感染も多いため

  特に子猫の場合は重篤化し死亡することもあります。

 

2、猫カリシウイルス感染症

  こちらも咳・くしゃみ・発熱・鼻水など風邪の症状が続きます。

  悪化すると舌や口の周りに水疱や潰瘍がみられ

  肺炎を起こすこともあります。

 

3、猫汎白血球減少症

  子猫や若い猫に発症が多く、嘔吐・強い腹痛・血様下痢・高熱・急速な脱水などの

  症状がみられ、高い死亡率を示します。

  もっとも危険な急性感染症の1つです。

 

4、猫白血病ウイルス感染症

  免疫機能の抑制・貧血・リンパ腫の原因となり症状は様々です。

  感染猫の血液や唾液や涙の中には大量のウイルスが存在し、

  グルーミングや食器の共有によって感染が成立します。

  

 

子犬・子猫の時にワクチン接種をすることで得る免疫で、

一生病原体から守られるわけではありません。

1年に1度ワクチンの追加接種をおすすめしています。

 

 

 

ご注意

ページのTOPへ

お問い合わせ